自分を見つめ直そう|迫る病魔から逃れよう|ストレスをチェックして早めの対策

迫る病魔から逃れよう|ストレスをチェックして早めの対策

女の人

自分を見つめ直そう

頭を抱える男性

日頃の悩みを確認しよう

社会生活の中でストレスを感じる状況はたくさんあります。直面した悩みに立ち向かって解決できることもあれば、解決できない事柄に思い悩んでしまうこともあります。ストレスは溜めこんでしまうと感情をコントロールする神経伝達物質に不具合が生じて、思うように自分の悩みを回避することができなくなります。もし、長期間このような状況になるとうつ病と診断され、心療内科で精神療法を受けながら本来の前向きな思考を取り戻していきます。このような状況に陥る前に、日頃からストレスをチェックして負担の掛からない環境を整えましょう。ストレスを溜めないためには十分な休息をとる必要があります。適度な運動や規則正しい食生活を送ることでうつ病に負けない生活を送ることができます。また、自分の好みに合わせた趣味や友人との会話など、リフレッシュできるくつろぎの時間を見つけましょう。ストレスには大きく二種類あります。病気や死別などの避けられない悲しみや転職や人事異動に伴う環境の変化からくる大きなストレスです。突然の変化に大きな精神的負担が起こります。もう一つに人間関係や仕事上のストレス、周囲に悩みを打ち明けることができない孤独感など、毎日少しずつ蓄積していくものがあります。どちらもうつ病に発展していく恐れがあるため、客観的にチェックして自己分析をしていきましょう。

思考を取り戻そう

うつ病になると抑うつ状態がマイナスな思考を作り出します。マイナスな思考は自分に向けられることがあります。自分の才能の無さを嘆いたり、自責の念が膨らんでいきます。また、マイナス思考は周囲の人に向けられることもあります。何も起きていないのに消極的な気持ちが強まり、他人に素直な気持ちを打ち明けることができなくなります。また、何を話してもうまくいかないという思い込みが症状を悪化させてしまいます。こんなマイナス思考の時には何をやっても満足感がなく、意欲が低下して活動する力が減少していきます。お酒に逃げたり解決を先送りにしていつまでも悩んでいる状況になります。こんな時には心療内科で行う認知行動療法が効果的です。否定的な考え方をより柔軟な思考に変えていくために、自らを客観的にチェックしていきます。そして、困った事柄に出会ったとき、考えがちなマイナス要素をチェックして、現実とどのくらいズレがあるのかを確認します。自分を追い込む思考ではなく、もっと自由な発想でストレスを軽減させる見方に変える練習を行います。練習を積み重ねていくと困った事案に出会っても問題を解決する思考が身に付いていき、社会生活の戻っても自分が楽になる生活を送ることができます。