メンタルヘルスの診断|迫る病魔から逃れよう|ストレスをチェックして早めの対策

迫る病魔から逃れよう|ストレスをチェックして早めの対策

女の人

メンタルヘルスの診断

カウンセリング

メンタルヘルスの工夫

メンタルヘルスでは、ストレスチェックなどが行われます。ストレスチェックはネット上にチェックシートが掲載されていますので、とても簡単にチェックすることができます。しかし、自己流のストレスチェックでは正確な診断は難しいので、心療内科や精神科の病院で、医師によるストレスチェックを受けることが望ましいです。病院では精神医学に基づく正確なメンタルヘルスの診断が可能になります。病院でメンタルヘルスの診断を受けることによって、うつ病などを早期発見することが可能です。診断の結果、精神疾患が見つかった時には、早期治療ができます。特に精神疾患の自覚症状がない場合でも、心療内科や精神科の病院でメンタルヘルスの診断は受けられます。定期的に医師に診てもらうことによって、精神疾患の予防につながります。労働安全衛生法が改正されたことによって、従業員数が50名を超える会社では、ストレスチェックを行うことが義務付けられています。ストレスチェックは会社の産業医が担当し、検査結果は産業医から直接報告を受けることになります。従業員数が50名に満たない小さな会社ではストレスチェックは行われないため、小さな会社で働いている人は、心療内科や精神科に通院して、ストレスチェックを受けるようにします。

メンタルヘルスの今後

最近は老若男女を問わず、うつ病などの精神疾患を患う人が増加しています。子供も受験の悩みや人間関係の悩みを抱えており、うつ病になる子供が増加傾向にあります。サラリーマンはリストラなどの不安を抱えており、専業主婦も子育ての悩みや将来の不安を抱えています。不安が高じると精神疾患を患うリスクが高まるため、うつ病などの精神疾患の患者は今後も増加すると予測されます。精神疾患を予防するためには、日頃からのメンタルヘルスが非常に大切になります。ストレスチェックは気軽にできるメンタルヘルスです。2015年12月に改正労働安全衛生法が施行され、従業員数50人以上の事業所では、ストレスチェックを実施することが義務付けられました。法律によってストレスチェックが義務付けられたことにより、ストレスチェックを受ける人は今後も増加すると予測されます。心療内科や精神科でストレスチェックを受ける人も増加することが見込まれており、精神疾患の予防に大きく貢献すると考えられます。心療内科は比較的新しい診療科目で、1990年代頃から急速に病院数が増加しました。病院数が増加している理由は、精神疾患の患者数が増えているからです。今後も心療内科は病院の数が増えると予想されます。