心のケアの重要性|迫る病魔から逃れよう|ストレスをチェックして早めの対策

迫る病魔から逃れよう|ストレスをチェックして早めの対策

女の人

心のケアの重要性

男性医師

職場環境を重視

ストレスチェックは、現在大きな事業所を中心にスタートされているメンタルケアの一つです。こういったストレスチェックは1年に1回受けることが必要で、従業員のメンタルヘルスをチェックする重要な機会とされています。日頃抱えているストレスや自分の精神状態は、時に自分自身でも把握しにくいことがあるのが問題です。定期的なストレスチェックを受けることで、無意識のうちに感じているストレスが具体的に掴めます。このようなストレスチェックがあれば、多数の従業員を束ねる企業側も安心です。ストレスチェックを受けて万が一異常が見られれば、産業医や一般の心療内科などを通じてより詳細な検査や専門的な治療が行われます。ストレスという明確な要因があることが分かれば、具体的なアプローチも取りやすくなることが多いです。こういったストレスによる症状を診察する医師は、職場環境も考慮して診断します。職場で感じるストレスは意外に影響力が大きく、うつ病などを誘発する一つの要因です。ストレスチェックが広く行われていく今後は、結果を見ながら職場環境をその都度見直すことが求められていくと予想されます。医学的な治療とともに、環境の調整が必要です。

問題を把握

ストレスチェックを上手に活用することで、職場の問題点などが把握出来ます。スタッフが一斉に受けるこのチェックでは、結果をデータで読むことが可能です。従って、ストレスを抱えているスタッフのポストやグループごとのバラつき具合が分かります。普段の生活では見えていない問題点がこのようなチェックでは分かってくることが多く、職場環境の改善に役立つのが一つの利点です。極端に問題のあるグループや部署が一目で分かり、対策も講じやすくなります。こういったストレスチェックの結果によって、問題の在処も分かってくるのが一般的です。特定の人物だけがストレスを感じている状況の場合は、職場環境のみならず本人の私生活や性格などが関係していることも考えられます。このような点がある程度掴めれば、産業医や心療内科医との連携もとりやすくなります。医師側でも病状を診断する上での参考情報が得られます。環境の調整が必要か否かが分かることで、本人の回復を促すようなサポートを講じることが可能です。薬物療法を行う際にも適切なスタイルで進めやすくなりますので、場合によっては薬の過剰摂取などの問題も避けられます。メンタル面のケアは、多方向からバランスよくアプローチをするのがポイントです。