迫る病魔から逃れよう|ストレスをチェックして早めの対策

3人の看護師

自分を見つめ直そう

頭を抱える男性

ストレスは積み重なることでマイナスな思考がうまれ、意欲が低下したり思うように行動することが難しくなります。認知行動療法によりストレスをチェックし、否定的な思考が現実とどのくらいかけ離れているかを認識する練習を行います。練習を積み重ねる事で自分に負担の掛からない思考に戻ることができます。

View Detail

心のケアの重要性

男性医師

職場でのストレスチェックがスタートされているのが最近の状況であり、今後は職場環境の見直しなどが随時必要になると予想されます。ストレスチェックを上手に活用することで、職場の問題点や本人の抱えている問題などを把握することが可能です。

View Detail

メンタルヘルスの診断

カウンセリング

改正労働安全衛生法の施行により、従業員が50人以上の事業所では、ストレスチェックの実施が義務付けられています。ストレスチェックは心療内科や精神科の病院でも行うことが可能です。ストレスチェックを受ける人は増加すると予測され、精神疾患の予防に大きく貢献すると考えられます。

View Detail

うつ病を予防

病院

ストレスを抱え込みすぎてしまうとうつ病にかかってしまう可能性が高くなります。ストレスをため込みすぎてうつ病予備軍となっていないかそのチェックポイントを把握し、ストレスを発散できるようにすることがとても大事です。

View Detail

病院活用法と自己診断

診察

気軽に相談できる場所

「近頃何となく体の調子が悪い」「精神的にも疲れているようだ」と思っている人は少なくありません。多くの人は仕事や外出先でストレスにさらされています。人によっては家庭内のトラブルがストレスの種になっている場合もあるでしょう。そんなストレスがその人の許容範囲を超えてくると、心身にさまざまな不調を感じるようになるのです。ストレスが引き起こす症状にはいろいろな種類があります。頭痛や肩こり、めまいなどの他、下痢や便秘、吐き気、食欲不振など消化器系にも影響が及びます。皮膚のかゆみや肌荒れ、湿疹、喘息などのアレルギー症状となって表れることもあります。不眠や全身の疲労感、倦怠感が見られるようになると、日常生活にも支障が及びかねません。50人以上の労働者がいる職場では法律改正に伴い、1年に1回従業員のストレスチェックが義務付けられました。しかしながらこの制度は、従業員50人未満の職場で働く人や自営業、専業主婦などのケースには適用されません。そうした人たちもそれぞれの立場に応じたストレスを受けているのですから、自主的にストレスチェックをすることが大切になってきます。できれば心身の健康を自覚しているうちから、自分のストレス度チェックを定期的に行うことが望ましいと言えます。少なくとも心身の不調を感じたなら、精神科か心療内科を受診して医師に相談することが症状改善につながります。そのような病院は、誰でも気軽に相談できる場所なのです。迫る病魔から逃れましょう。

ため込まないように

ストレスを我慢してため込んでいると心が負担に耐えられなくなり、うつ病などの病気を発症してしまいます。精神科や心療内科では、うつ病を発症した患者に対しても万全の態勢で治療を実施してくれます。うつ病患者は年々増えており、誰でもかかる可能性のある病気となっているのです。うつ病を引き起こす最も大きな原因もまたストレスにあります。特に真面目で責任感が強く完全主義の傾向がある人は、人一倍ストレスをため込みやすいためうつ病の発症リスクも高くなります。繊細で感受性が強く、他人の目が気になるという人も要注意です。日頃からストレスということを意識して、自分の心と体の健康状態をチェックしていれば小さな兆候にも気がつきやすくなります。自身のストレス度をチェックしていて少しでも心の変調に気づいたならば、迷わず精神科か心療内科を受診すべきです。うつ病に限らず心の病気は、早く気がついて治療を開始すればそれだけ治りやすくなります。精神科や心療内科の医師は数多くの症例を診断してきているため、患者の症状に合わせた最適な治療を行うことができます。そうした病院を頼ってさえいれば、心の病気も決して怖くはありません。病院ではストレスの軽減法や対処法など、さまざまな指導を医師から受けることもできます。